アイコンビジネス実務マナー検定とは

ビジネス実務マナー検定は「職場常識の育成」をめざしています

ビジネスマンとしての判断・行動が適切にできるかどうか,人間関係やマナー,話し方を理解しているか,などが問われます。
これらをひとまとめにしていうと,「ビジネス社会の基本ルール(=職場常識)を身に付けているかどうか」ということになります。これらの知識や行動の型を一定の審査基準によって判断するのが「ビジネス実務マナー検定」です。

出題領域

1必要とされる資質

2企業実務

3対人関係

3技  能

ビジネス実務マナー技能審査基準実施企画書から抜粋)