アイコン面接試験について[1級面接試験]

1級面接試験の内容

1.審査および実施形態

1名称「エグザクトスピーキング」 (exact=きちんとしている)。

2第1課題 指定した課題の内容に基づいて「話」をする。(2分間程度)
第2課題 選択による課題の題名に基づいて「話」をする。(1分間程度)

3課題 試験回ごとの出題とする。

2.審査コンセプト

「話と話す態度がはっきりしていて,あいまいなところがない」

3.審査内容

1課題内容の欠落以外に課題内容の審査はしない。

2審査のポイント

@「ビジネス的な話の仕方で,水準が普通以上である」
a.しっかりした感じである。
b.表現が適切である。
c.落ち着いている。
d.歯切れがよい。
e.調子にめりはりがある。
f.分かりやすい。
A「1級合格者として,ビジネスの場に適応する態度,動作である」
a.動作がしっかりしている。
b.服装が整っている(乱れがない)。
c.身だしなみがよい。

4.試験の手順

1受付
2控室へ案内(面接室入室6分前に課題提示)
3面接室に案内(2人一組)
4第1課題「スピーチ」(2人)
5第2課題「1分間スピーチ」(2人)
6審査員のコメント(終了)

ビジネス実務マナー検定1級 エグザクトスピーキング課題例

@第1課題 指定した課題の内容に基づいて「話」をする。(2分間程度)
※ 以下の内容を自分の考えとして,審査員の前でスピーチをしてください。
 農作物を食い荒らすサルやクマを捕獲したり駆除する,「公務員ハンター」が増えつつあるという話を聞いたのでそれを話す。
 農作物の被害が増える一方だが,それを駆除するハンターは減る一方で,ある自治体ではここ30年で4分の1以下になり,多くが60歳だという。
 このため若手の消防署員などに呼び掛け,狩猟免許を取らせ