アイコン学校での取り組み

ビジネス実務マナー検定の指導を担当する今井誠先生

岐阜県立飛騨高山高等学校

学んだ知識はすぐに職場で実践できる

 飛騨高山高等学校ビジネス科は,就職希望者が3分の2を占めている。
地元での就職が多く,企業からの信頼も厚い。 あいさつや礼儀については日常的に指導しており,3年生の必修科目「総合実践」でもビジネスマナー指導を行う他, 3年前からは選択科目「ビジネス実務」でビジネス実務マナー検定3級に取り組んでいる。 今井誠先生は「就業1年目の新入社員・新社会人を想定した内容で,就職を控えた生徒には最適。 設問はロールプレイングやディスカッションに取り入れやすいため,授業でも非常に役立っています」と話す。
 この春に卒業し,高山米穀協業組合に勤める宇津宮彩月さんは「就職したらビジネスマナーは必須。 丁寧な言葉遣いが難しかったですが,電話応対での話し方も学ぶことができ,仕事で生かしています」。 トヨタレンタリース岐阜高山店に勤務する根木彩華さんは「宛て名の書き方や香典の供え方に関する問題が難しかったです。 検定で学んだことで普段から言葉遣いに気を付けるようになり,社内でのやりとりやお客さま応対で実践しています」。
 学んだ知識を業務でしっかりと生かしている。