アイコン合格者の声

(左から)塩坂あずささん,金井泰史さん。サービスの質向上の取り組みに力を入れている同社。埼玉保険金サービス部では,これまで100名程度のスタッフが合格している

損害保険ジャパン日本興亜株式会社
塩坂あずささん 2級合格
金井泰史さん 2級・準1級・1級合格

2級・準1級・1級合格

サービス業のスキルを保険業界に取り入れたい

 損害保険ジャパン日本興亜株式会社埼玉保険金サービス部では,数年前からサービス接遇検定の受験を推奨している。 保険金支払業務を担当する塩坂あずささんと金井泰史さんに話を聞いた。塩坂さんは昨年6月にサービス接遇検定2級を受験。
 「昨年度,営業部から異動してきました。言葉遣いをはじめ,自信を持ってお客さまに失礼のない対応がしたいと思い,検定に挑戦しました」。
 金井さんは平成28年6月にサービス接遇検定2級と準1級を受験。翌年11月に1級に挑戦した。
「長年同じ業界にいると,その業界特有の常識や対応が当たり前になってしまいがち。 検定の挑戦を通じて,サービスに対する考え方や行動の型,接遇の際の心構えを学び,お客さまにより質の高いサービスを提供したいと考えました」。

 サービス接遇検定について二人は,「お客さまや取引先など相手を思いやる気持ちは,どの職種にも共通する」と話し,こう続ける。 「お客さまの表情やしぐさ,声から気持ちを読み取り,ふさわしい言動を心掛けています。学習で得た知識と自信を実務で生かしていきます」。