アイコン合格者の声

(左から)下山芽瑠萌さん,唐艶娟さん,郭保旻さん。上位級や他の検定合格を目指し,日々研鑽を積んでいる

日本工学院北海道専門学校
郭保旻さん
下山芽瑠萌さん 唐艶娟さん

準1級合格

お客さまと接する姿勢を身に付ける

 日本工学院北海道専門学校では授業でサービス接遇検定に取り組んでいる。ホテル科2年生の下山芽瑠萌めるもさん,唐艶娟とうえんけんさんは1年生の11月に準1級に合格,郭保旻ぐぁくぼみんさんは令和元年度成績優秀者に選ばれ,準1級優秀賞(個人)を受賞した。
「アルバイトを終えて帰宅したら1時間勉強すると決めていました。過去問題を繰り返し解き,間違えやすいところはノートにまとめて読み返すようにしました」(郭さん)。
「面接試験練習のとき,お辞儀が早すぎたり,早口になっていたりすると,見ていたクラスメイトが教えてくれました。自分の動画を見返し,練習を重ねたことで合格できました」(下山さん)。
「アルバイトでの接客応対でとても役に立っています。特に敬語をきちんと身に付けることができたので,言葉遣いに迷うことなくお客さまと話せるようになりました。卒業後も自信を持って社会人生活を始められそうです」(唐さん)。